• トップ /
  • 妊娠かもしれないと思ったら

精度の高い妊娠検査薬

妊娠かもしれないと思ったら

検査薬で妊娠してるか調べよう

妊娠初期は、直ぐにお腹が出てくる訳でもありませんし、余程敏感な女性でもない限りは、つわりの症状も出てきません。そのため、検査薬を使って、妊娠しているかどうかというのを確かめるのですが、何時から結果が解るのでしょうか。検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG」というホルモンに反応して陽性かどうかをチェックするものです。受精卵が子宮内膜に着床すると分泌量が増えます。ですが、着床して直ぐに検査薬を使ったとしても、上手に反応しなければ、結果は陰性になる事でしょう。一般的に検査薬は、尿中のhCG値が50mIU/mL以上にならないと陽性反応を示す事は出来ません。排卵後約10日前後から尿中のhCG値が上昇していきます。そして、約14日後位になりますと、ようやく50mIU/mL以上に達します。そのため、予定日になっても生理が来ないからと言って、直ぐに検査薬を使っても、妊娠していたとしても、結果は陰性になる可能性が高いという事を覚えておきましょう。確実なのは、生理開始予定日の約1週間後に使用する事です。結果には個人差があって、生理開始予定日でも陽性反応が出る人もいます。ですが、絶対にフライングで検査はしないようにしましょう。また、陽性反応が出た場合には、必ず産婦人科に行くようにしましょう。

↑PAGE TOP